海外貿易会社は常温鍋つゆを作り、全世界に輸出します。

異国風の鍋つゆをカスタマイズします。

輸出を専門に経営し、国際貿易に20年以上従事している黄さんの販路はアメリカやアジア各国のチェーンスーパーや売り場に広がっています。新型コロナウイルスの影響で、海外のスーパーや店舗の顧客から異国風味のあるスープパックと鍋つゆの開発という依頼がありました。

黄さんは常温保存と鍋つゆ(濃縮タイプ)を開発することで、輸送コストを削減し、色々な国に輸出することを期待していますので、黄さんは広味香開発有限公司を探しました。

目的

市場の需要に応じて、今回の目的は迅速に調理でき、コロナの影響で外出できず、普段はあまり料理をしない消費者、家で簡単に料理を調理することです。主に黄さんの販路と合わせて、常温保存のインスタント食品と非インスタント食品を迅速に配送できます。

テスト項目

.中国風 ー藥膳風鍋、マーラー鍋

.東南アジア風味 ー トムヤムクン、サテ、ラクサ

 

37%

物流コストを削減します

5つの商品

順調に海外に輸出します

60%

在庫コストを削減します

顧客の問題点

  1. 貯蔵空間や大型冷凍倉庫が必要で、輸送コストと在庫コストが高すぎます。
  2. 開発途上国の保存条件を心配しています。
  3. 生鮮食品はどの国でも簡単に販売できるのではなく、流通チャネルの問題もあります。

解決方法

  1. 製品は冷凍しなくてもいいです。常温宅配が便利だし、保存が簡単だし、長時間保管もできます。開発途上国の保存条件を心配する必要がなく、製品が国際運送及び販売に比較的適合します。
  2. 常温商品は異なる国で販売しやすいで。(e.g. 電子商取引やネットショッピングなど。)

解決方法

  1. 現在の飲料商品情報を収集して、長所と短所を分析します。
  2. 新製品の開発をし続けて、市場需要たします。
  3. によってなる製品ります。(e.g. 粉状、液体など)

一歩一歩解決していく

  1. メニューを調整して、長年海外メーカーと連携した経験を加えて、異なる市場に対する敏感度を高める。
  2. 全世界に深刻な影響を与えた新型コロナウイルスが流行しているために、お客様に新しい在宅料理を作ります。
  3. コウさんとの協力で、より優れた生産と販売の組み合わせを作ります。
  4. 持続可能な運営のために、相利共生の生産と販売の関係を作ります。

任務完了

顧客に心から満足してもらえている製品を開発しました

Your Order

お買い物カゴに商品がありません。

Scroll to Top