廣味香はレジャー食品メーカーと一緒に、電子商取引市場を入ります。

  • ホーム
  • /
  • 服務產業
  • /
  • 廣味香はレジャー食品メーカーと一緒に、電子商取引市場を入ります。

伝統的な販売パターンの業態転換、試合の開拓

顧客はある有名なレジャー食品メーカーで、この業界に入って約10年です。

市場と夜市から始まり、その後メーカーとして発展します。

過去の経営のパターンは展覧会を通じて宣伝し、問屋に出荷して、販売します。

品物を売り手は再び売り手によって販売する。

その後、電子商取引市場の拡大により、アリババやテレビ通販などに加入しました。

目的

味の変化や調味にも多様化だし、製品もトレンドに乗らなければならないです。

主な顧客:共同購入、東南アジアの消費者。

テスト項目

.製品開発 ー コーンスープ粉末調味料

.製品開発 ーマーラー調味料

.製品開発 ー 青山椒調味料

3~5支新品

四半期ごとに新品を開発し、テストも提供します。

50%

伝統的会社からの業態転換順調で、在庫量げます。

30%以上

性能上げる同時品質がる。

顧客の問題点

  1. 電子商取引に入って、顧客は世界各地に広がっていて、新品の 開発速度はさらに倍になります。
  2. 需要量が増やすと同時に、競争圧力も大きくなります。
  3. 製品の伝統的な販売パターン、約束手形の期間は3ヶ月です。
  4. 伝統的な発売パターンの在庫量が大きいです。
  5. 製品はすべて問屋がコントロールされます。

解決方法

1.電子商取引の支払いフローが安定しています。

2.在庫量は0で、注文してから生産します。

3.電子商取引を通じて、B2Cのビジネスモデルを達成します。

解決方法

  1. 顧客に電子商取引のマーケティングモデルを開発し、市場を導入するのを手伝います。
  2. 顧客と生産と納期の暗黙の合意を達成します。
  3. 顧客に新品の開発を支援し、電子商取引に基礎を固めます。

一歩一歩解決していく

  1. 2020年のコロナ禍で、もともと市場の電子商取引産業が宅経済のトレンドに乗って、さらに膨張しました。
  2. 試合の天秤は急に不均衡になりました。どうやって自分の地位を見つけて、競争者を飲み込むのですか?
  3. 市場はもともとこんなに大きくて、前者がすでに自分の位置に立っていて、転換はさらに試練です。どうやって消費者に自分のブランドを再認識させますか?
  4. トレンドに乗って、国際情勢をはっきりと見られる人だけが、この混乱の中で英雄になり、時代に従いながら、自分の価値を作り、明確な位置づけを作り、廣味香は顧客に混乱の中で自分の「市場」を見つけることを助けます。

任務完了

競争力のある製品を開発しました。

Your Order

お買い物カゴに商品がありません。

Scroll to Top