6種類のスパイス

6種類のスパイス

何!!たくさんのスパイスを食べると代謝を改善することができます。
私たちと一緒に美しくなって、瘦せましょう!
下記は栄養士が推奨する6つの種類のスパイスです。(記事は https://woman.tvbs.com.tw/fitness/18014で引用されています)

瘦せられる6つのスパイス

ダイエットをする時は、食べ物を選ぶのがもちろんだが、「正確にスパイスを使うと、代謝(たいしゃ)を改善することができますよ。」と栄養士の趙函穎さんが言いました!
体を温めるスパイスを食べると、体温を上げて、血流(けつりゅう)をよくして、ダイエットだけでなく、健康にも非常に役立ちます。
どのようなスパイスが体を温めるんですか?では、早速見ていきましょうか!

1.生姜(しょうが)

生姜にはジンゲロールが含まれていて、抗酸化と血行促進ができます。
それに、体を温めること、咳止め、吐き気止め、抗炎症性、痛みの緩和、胃もたれの予防など、多くの利点があります!
調味料としてだけでなく、野菜ジュースにも使え、体を温めて、味も爽やかになれます。

2.葱(ねぎ)

血行促進ができ、殺菌と抗炎症作用があり、風邪の予防に効果も良いです。
一般の人はよく葉鞘を食べているんですけど、葉身はたくさんのグルカンが含まれていて、抗酸化にもとても役に立ちます。

3。ニンニク

アリシンが含まれ、代謝を上げて、細菌とウィルスも除去できます。
生で食べると血圧を下げて、脂質異常症も改善できます。
それに基礎代謝をアップし、インスリン抵抗性の改善ができ、血圧も安定させます。

4.オニオン

ビタミンCとビタミンBが含まれ、セレンと硫化物があるので、血行促進と手足の冷えを改善ができ、生で食べた方が効果がありますよ!
辛いのが苦手な人は、食べる前に水に2分ぐらい浸けたら、オニオンの辛さがなくなって、パリパリで、夏には最高です。

5.胡椒(こしょう)

ちょっと辛いですけど、食べると体内は熱くなるので、代謝をスピードアップさせます。
ビタミンAとビタミンEが含まれているので、抗酸化ができるだけでなく、体内の炎症を抑えますよ!

6。カレー

カレーは色々なスパイスで作られ、クルクミンが含まれているので、抗酸化と抗フリーラジカルができます。
そのスパイシーな味は血行を促進し、ダイエットに効果がありますよ!

上述の六つのスパイスは、料理する時でよく使われます。
適度にスパイスを使うと、料理が美味しくなれますよ!
栄養士の趙函穎さんがおすすめですので、みなさんもぜひやってみてください!

共有する:

推奨読書

Your Order

お買い物カゴに商品がありません。

Scroll to Top